渡辺まさし

前文京区議会議員(立憲民主党)

ホーム > 法曹界では「違憲」が大勢。。。(今朝の新聞報道から)

法曹界では「違憲」が大勢。。。(今朝の新聞報道から)

DSC01651

 

 今朝の新聞報道から・・・。昨日行われた衆院憲法調査会に招かれた3人の憲法学者が、国会で審議中の安保法制案についてそろって「憲法違反」との意見を表明したとの事。3人の中には自民党より招聘された憲法学者もおり、今後の審議に大きな影響がでそうです。そもそも、従来の政府見解や憲法解釈をねじ曲げて、無理に無理を重ねて作られた法案です。国会の審議でも、武力3要件の曖昧さや集団的自衛権の行使が憲法上できないことなどが明白になってきています。法曹界においても「違憲」を唱える有識者が大勢だと聞きました。たとえ、この法案を強引に成立させたとしても、裁判では「違憲判決」がでることも十分に有り得ることでしょう。故にこの法案の成立は絶対阻止しなければならないと思います。そして戦後70年のこの機に、もう一度「平和の問題」について国民ひとりひとりが考え、思いを共有できるような時間や機会を作って行くことがまずは必要だと考えます。

このページの先頭へ

前文京区議会議員(立憲民主党)

お問い合わせはこちら